コージェネ財団 燃料電池室 > お知らせ > パナソニック(株)および東京ガス(株)は、「マンション向けエネファームの新製品発売」をプレスリリースしました

お知らせ

パナソニック(株)および東京ガス(株)は、「マンション向けエネファームの新製品発売」をプレスリリースしました

パナソニック(株)および東京ガス(株)は、設置自由度の向上と停電時対応機種の追加した「マンション向けエネファームの新製品発売」をプレスリリースしました。(2月29日)
発売は2016年7月からです。
主な特徴は、以下のとおりです。

 1. エネファームの設置自由度の向上
  現行の設置レイアウトに加え、新たに2つの設置レイアウトが可能となりました。
  (1)標準排気タイプ ユニット一体型(現行継続の設置レイアウト)
  (2)標準排気タイプ ユニット分離型(現行継続で自由度の高まる設置レイアウト)
      貯湯ユニットとバックアップ熱源機の間の許容配管距離を従来の10mから15mに延長したこと
      により、住戸の両端にユニットを離して設置することが可能となりました。
  (3)排気延長タイプ ユニット分離型(新たに可能となる設置レイアウト)
      標準排気タイプ(パイプシャフト扉内正面排気)だけでなく、排気筒を延長することで、従
      来設置することが難しかった排気が滞留し易いような奥まった場所にも設置が可能となりま
      した。

 2. 停電時発電継続機能を内蔵
  停電時に電気を使いたいというニーズに対応しやすくするため、これまでオプション品としていた
  停電時発電継続機能を燃料電池ユニットに内蔵した機種をラインナップに追加しました。


※詳細は下記URLをご参照ください。
 ▼パナソニックのプレスリリースページ
  http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/02/jn160229-1/jn160229-1.html
 ▼東京ガスのプレスリリースページ
  http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20160229-01.html


戻 る