コージェネ財団 燃料電池室 > お知らせ > 東邦ガス株式会社「エネファームtypeS」余剰電力の買取開始および当社初となるエネファームのマンション全戸採用についてをホームページに掲載

お知らせ

東邦ガス株式会社「エネファームtypeS」余剰電力の買取開始および当社初となるエネファームのマンション全戸採用についてをホームページに掲載

東邦ガス株式会社は「エネファームtypeS」余剰電力の買取開始および当社初となるエネファームのマンション全戸採用についてをホームページに掲載(3月16日)

【掲載文の主なポイント】
・アイシン製の家庭用燃料電池「エネファームtypeS」で発電した余剰電力の買取サービスを2017年6月から開始します。
・積水ハウス株式会社さまが名古屋市内で計画している分譲マンション(2018年8月竣工予定)において、当社エリアで初めてエネファームの全戸採用が内定しました。
・4月1日からは、戸建のお客さま宅の既設の給湯器に「エネファームtypeS」の燃料電池ユニットを後付で設置することが可能となりました。

※詳細は下記URLをご参照ください。
▼東邦ガスのプレスリリースページ
http://www.tohogas.co.jp/corporate-n/press/1202927_1342.html

戻 る