コージェネ財団 燃料電池室 > お知らせ > アイシン精機(株)は、「家庭用燃料電池エネファーム type Sの新製品発売について ~世界最高の発電効率・世界最小サイズを実現~」を公表しました

お知らせ

アイシン精機(株)は、「家庭用燃料電池エネファーム type Sの新製品発売について ~世界最高の発電効率・世界最小サイズを実現~」を公表しました

アイシン精機(株)は2016年2月24日(水)に、「家庭用燃料電池エネファームtype S(※)の新製品発売について ~世界最高の発電効率・世界最小サイズを実現~」を公表しました。
フルモデルチェンジとなる新製品の「家庭用燃料電池エネファーム type S」は、アイシン精機からガス会社向けに4月1日から販売されます。

都市ガス(13A)およびLPガスに対応した製品です。

【主な特徴】
 ①世界最高の発電効率     :世界最高の52%(都市ガス13A、LHV)を実現
 ②世界最小の機器本体サイズ  :世界最小の機器本体サイズを実現
 ③設置可能住宅の拡大     :世界最小の機器本体サイズを実現したことにより、戸建住宅に比べて
                 設置スペースに制約があるマンションなどの集合住宅への設置が容易
                 になった。
 ④コストダウンを実現     :発電ユニットへの貯湯タンク内蔵化やシステム構成の大幅な見直しに
                 より、コストダウンを実現
 ⑤高い環境性を実現      :新製品では、給湯暖房システム※5と比べ、年間のCO2排出量を
                 約1.9トン削減
 ⑥停電時の自立発電出力をアップ:新製品では、自立発電出力を現行品の350Wから700Wに向上し、停
                 電時に利用できる電力が多くなった。


※詳細は下記URLをご参照ください。
 ▼アイシン精機のプレスリリースページ
  http://www.aisin.co.jp/news/2016/010405.html

戻 る