トップページ > コージェネについて > 再生可能エネルギー活用(太陽・バイオ)

再生可能エネルギー活用(太陽・バイオ)

太陽エネルギーの活用

低炭素社会を実現するため、太陽エネルギーとコージェネを組合せる先進的な取り組みが行われている。1つは太陽熱を集熱しコージェネ廃熱と共に活用する方法、もう1つは太陽光発電電力をコージェネ発電電力と合わせて供給する方法である。

太陽熱併用

太陽熱併用

  • 建物屋上等に太陽熱集熱パネルを設置し収集した熱をコージェネの廃熱と組み合わせて、冷房・暖房・給湯に利用するシステムである。
  • 季節や天候に伴い変動する太陽熱をコージェネ廃熱にて補完しつつ廃熱投入吸収冷温水機等で活用し、より多くの省エネ・CO2削減を図るものである。
  • さらに貯湯槽を設けることにより集中する給湯需要にも柔軟に対応でき、省エネ・CO2削減効果をさらに高めることが可能となる。
  • 太陽熱集熱器によって得られる熱は、夏季に多く冬季に少なくなる特性を有する。その為、年間冷房を基本とする商業店舗等に適用した場合、夏季ピークに増大する燃料消費を抑制し、環境性を高めることができる。

太陽光発電併用(W発電)

太陽光発電併用(W発電)

  • 建物屋上等に太陽光パネルを設置し、コージェネの発電電力と合わせて供給するいわゆるダブル発電方式である。
  • 本方式は、時刻・季節・天候によって出力が変動する太陽光発電に対し、コージェネの安定した出力を足し合わせることにより、見掛けの変動割合を削減し、かつ高い省エネ・省CO2を実現するものである。
  • 太陽光発電が大量に設置されると、中間期の休日昼間には余剰電力が生じると予想されている。その様な時間帯は、コージェネ出力を抑制したり位相調節する等、状況の緩和に貢献することも可能である(低圧連係の場合)。
  • 既に一部メーカーからは太陽光発電装置とコージェネシステムをセットにしシステム販売が開始されている。

バイオエネルギー活用

 バイオエネルギーは大別すると、下水汚泥・食品廃棄物・畜産廃棄物・農業廃棄物等を原料に嫌気性発酵によってメタンガス化し、ガスエンジンや燃料電池で熱・電供給する方法と、木質廃材・廃棄物・林地残材等の固体をボイラーにて燃焼し蒸気を生産し、蒸気タービンによって電力を得る方法、そして液体のバイオ燃料をディーゼルコージェネに利用する方法がある。

バイオガス利用(嫌気性発酵ガスまたは消化ガスの活用)

バイオガス利用(嫌気性発酵ガスまたは消化ガスの活用)

下水処理場や清掃工場、食品工場は都市部近傍に存在することから、嫌気性発酵によって生成するバイオガスを天然ガスと混焼させ、安定的に電力と熱の供給を得ることが可能である。

またパイプラインがない畜産・農業系バイオガスの場合でも、生成するバイオガスの変動に効率的に対応するため、小型コージェネを台数制御によって複数台設置し対応するシステムの販売が開始されており、再生可能エネルギーの有効活用法としての普及が期待される。

バイオマス利用(木質・廃材バイオマス・鶏糞の活用)

バイオマス利用(木質・廃材バイオマス・鶏糞の活用)

農林業や畜産業が盛んな地方では、木屑・製材残材・木地残材、あるいは蓄ふん(鶏糞等)を燃料とした熱電併給が多数採用されている。

収集された廃材・木屑・建設残材・蓄ふん等は、集積場所に貯留された後、ボイラーにて焼却され高圧蒸気が生産される。高圧蒸気は蒸気タービンに送られて発電し、タービン出口の低圧蒸気は燃料の乾燥あるいは外部へ供給される。