トップページ > コージェネについて > 高効率廃熱利用機器-1

高効率廃熱利用機器-1

廃熱利用吸収冷凍機

民生用分野におけるコージェネ廃熱利用の最もポピュラーな方法であり、廃熱の回収方式等により大別して以下の3方式が挙げられる。

廃熱投入型ガス吸収冷温水機(ジェネリンク)

廃熱温水投入型

  • ガスエンジンの廃温水を補助熱源として有効利用することで、主燃料であるガスの使用量を20~40%(廃温水利用による定格時の冷凍出力比率)削減できる冷温水機(冷暖房が可能)である。
    現在では、ガスエンジンコージェネの主要熱源機となっている。

蒸気焚ジェネリンク

蒸気投入高効率

  • ガスエンジンからの排ガスから蒸気を作り、これを補助熱源として有効利用することで、主燃料であるガスの使用量を廃温水で15%、廃蒸気で30%(廃熱回収増大型は廃温水で15%、廃蒸気で60%)削減可能な冷凍機である。
    蒸気を利用している病院や工場、地域冷暖房用途に適している。

排ガス温水投入型ガス吸収冷温水機

廃ガス・廃熱投入型

  • ガスエンジンからの廃温水と排ガスを直接吸収冷温水機に投入し、ガスエンジンと冷温水機の一対一で運転を行う。
    温度レベルの高い排ガスを直接投入することで、より効率よく廃熱を活用することができる。