トップページ > イベント・セミナー > 2013年2月7日~8日に『コージェネレーション・エネルギー高度利用シンポジウム2012』を開催いたします。

イベント・セミナー

2012/11/29
2013年2月7日~8日に『コージェネレーション・エネルギー高度利用シンポジウム2012』を開催いたします。

 下記の通り、『コージェネレーション・エネルギー高度利用シンポジウム2012』を開催いたします。

 詳細を掲載したパンフレットは本ページ右下[ドキュメントダウンロード]よりご覧いただけます。

■シンポジウム(2013年2月7日(木))
 1.時間:10時~17時40分(受付開始9時30分)
 2.場所:東京国際フォーラムB棟5階(受付並びに会場)[所在地]東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
 3.テーマ:基幹エネルギーとしてのコージェネの未来と期待される役割
         ~ 2030年 総電力量の15%実現に向けて ~ 
 4.内容:
  ・開会挨拶   柏木 孝夫(一般財団法人 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター 理事長)

  ・来賓挨拶   髙原 一郎(経済産業省 資源エネルギー庁 長官)

  ・基調講演(仮題)「コージェネ普及に向けたEUの取組み~CHP指令から、新エネルギー効率化指令へ~」
          Dr.Fiona Riddoch(COGEN Europe Managing Director)
  ・基調講演(仮題)「まちづくりにおける新しい価値創造~コージェネレーションの新しい価値、ノン・エナジー・ベ
            ネフィット~」
          村上 周三氏(一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構 理事長)
  ・一般講演(5件)
   ①「2000kWクラス高効率ガスエンジンの開発と今後の展開」
          藤田 広光氏(新潟原動機株式会社 技術センター 製品開発グループ)
   ②「電力需給逼迫に対応した各企業のコージェネ活用による電力セキュリティ向上の取り組み」
          佐藤 栄作氏(株式会社エネルギーアドバンス エンジニアリング部 業務グループ マネージャー)
   ③「公共性を軸にした分散エネルギーの展開~自治体が主導する次世代エネルギー~」
          瀧口 信一郎氏(株式会社日本総合研究所 創発戦略センター 上席主任研究員)
   ④「“東京イースト21”への日本最大級のスマートエネルギーネットワーク導入と今後の課題
     ~既存施設の省エネルギーとBCP向上に向けて~」
          平岡 雅哉氏(鹿島建設株式会社 建築設計本部 設備設計統括グループ 統括グループリーダー)
   ⑤「エネルギー総合ソリューション事業への取組み~ガスコージェネレーションを軸としたエネルギー総合ソリュー
     ションの提案~」
          沼田 明(三菱重工業株式会社 汎用機・特車事業本部 エンジン技術部 技監)

  ・コージェネ大賞 優良表彰
  
  ・パネルディスカッション「これからの日本のエネルギーとコージェネレーションに対する期待」
   コーディネータ 柏木 孝夫氏(一般財団法人 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター 理事長)
   パネリスト   都築 直史氏(経済産業省 資源エネルギー庁 コジェネ推進室長)
           野村 治陽氏(株式会社日本製紙グループ本社 技術研究開発本部 エネルギー事業部長)
           前川 篤氏 (三菱重工業株式会社 代表取締役常務執行役員 汎用機・特車事業本部長 兼 
                  相模原製作所長)
           村木 茂氏 (東京ガス株式会社 代表取締役副社長執行役員)

 ・閉会挨拶     石井 敏康(一般財団法人 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター 専務理事)

*講演会に引き続きレセプションを開催します。(東京国際フォーラムホールD5(D棟5階))

■テクニカルツアー(2013年2月8日(金))
 1.集合:9時15分、舞浜駅改札口(JR京葉線)
 2.見学施設:
  ・東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート(千葉県浦安市)
  ・医療法人財団厚生協会 東京足立病院(東京都県足立区)
  ・東京ガス本社ビル(芝浦地域冷暖房センター)(東京都港区)
 3.解散:16時30分(予定)、現地

■後援・協賛

(後援)
環境省(予定)、経済産業省資源エネルギー庁(予定)、国土交通省(予定)、消防庁(予定)、財団法人エネルギー総合工学研究所、一般財団法人建築環境・省エネルギー機構、一般財団法人省エネルギーセンター、一般財団法人新エネルギー財団、石油連盟、電気事業連合会、日本LPガス団体協議会、一般社団法人日本ガス協会、一般社団法人日本内燃力発電設備協会、一般社団法人燃料電池普及促進協会

(協賛)
一般社団法人エネルギー・資源学会、公益社団法人空気調和・衛生工学会、一般社団法人電気学会、一般社団法人電気設備学会、一般社団法人日本エネルギー学会、一般社団法人日本機械学会、一般社団法人日本建築学会、


■申込方法
 1.申込方法:本ページの申込フォームでお申し込み願います。申込手続きが完了すると登録された
        メールアドレスにメールが送信されます。
 2.参加費(消費税を含む)
  ・シンポジウム(講演会)(会員)5,000円 (非会員) 10,000円
  ・同上(レセプション) (会員)5,000円 (非会員)  8,000円
  ・テクニカルツアー   (会員)7,000円 (非会員) 10,000円
 3.定員:シンポジウム280名、テクニカルツアー40名
     (テクニカルツアーは、シンポジウム講演会ご参加者に限らせていただきます。)
 4.申込締切:2013年1月31日(木) 但し、定員になり次第締め切らせていただきます。

一覧に戻る