トップページ > お知らせ > IEA/ECBCS/Annex54
「マイクロジェネレーションの将来展望」国際シンポジウム開催

お知らせ

2012/10/03
IEA/ECBCS/Annex54
「マイクロジェネレーションの将来展望」国際シンポジウム開催

 国際エネルギー機関(IEA)の「建築とコミュニティシステムにおける省エネルギー作業部会(ECBCS)」では、その傘下に多数の分科会(アネックス)が組織されており、建築物等のための省エネルギー技術に関する先駆的な国際共同研究が活発に行われています。
 その中の1つとして、「建物におけるマイクロジェネレーション及び関連エネルギー技術の組み込み」をテーマとした専門委員会(Annex54)が設立されており、10kW程度までのマイクロジェネレーション(太陽光発電、風力発電、燃料電池を含むコージェネレーション等)を組み合わせ、住宅や小規模ビルにおいて、系統電力との連系も含んだエネルギーシステムの構築・最適な運用について研究が行われています。
 今回、同専門委員会の会合が日本で開かれるのを機に、下記の通り、国際シンポジウムが開催されますので、ご案内いたします。
 マイクロジェネレーションに関する各国の技術動向やスマートグリッドとのつながり、今後の普及政策のあり方について、イギリス、ドイツ、イタリア、アメリカ、カナダ等の欧米諸国の研究者から紹介がなされ、日本側の専門家も交えて意見交換が行われる予定です。

        <シンポジウムの開催概要>

 ◇日 時:平成24年10月11日(木)14:00~17:35
   
 ◇会 場:東京大学生産技術研究所 コンベンションホール
     住 所:東京都目黒区駒場4-6-1 駒場ⅡキャンパスAn棟2階
     案内図:http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/access/access.html

 ◇参加費:シンポジウムのみ参加の場合    5,000円/人(税込み)
      シンポジウムと懇親会に参加の場合 9,000円/人(税込み)

 ◇プログラム(予定):
【国内講演者】
 <基調講演>
 ・「スマートコミュニティシステムのコンセプトとキーエレメント」
  講演者:諸住 哲氏(新エネルギー・産業技術総合開発機構)
 -----------------------------------------------------------
 ・「日本のコージェネレーション市場および普及政策の動向」
  講演者:藤田 昭幸氏
     (コージェネレーション・エネルギー高度利用センター)

 ・「サステナブルモビリティとスマートコミュニティ」
  講演者:岡島 博司氏(トヨタ自動車)

 ・「定置用SOFCの開発状況」
  講演者:岩田 伸氏(大阪ガス)


 申込み方法等、詳細については下記URLを参照願います。

 http://www.ibec.or.jp/kousyu/24/international_sympo.pdf

一覧に戻る