トップページ > コージェネについて > コージェネの種類 > ガスタービン

ガスタービン

  • 比較的大きな熱需要を伴い、また発電容量がMWクラスの場合に適用される。
  • 発電効率は20~35%、廃熱回収効率は60~50%を示し、産業用プラントや地冷において採用される。
    廃熱はガスタービン後流に設置された排ガスボイラにより蒸気として回収される。
    液体燃料、ガス体燃料またはその切替等に幅広く対応可能である。
ガスタービン

ガスタービン

「コージェネの種類」に戻る