トップページ > コージェネについて > コージェネの種類 > ボイラ&蒸気タービン

ボイラ&蒸気タービン

  • 世界的にはコージェネとして最も多用されている方式であり、特に欧州では地域暖房の一部として広く採用されている。
  • 新興国では安価な石炭がエネルギー源の多くを占めることが多く、本方式による熱電併給は地球環境の向上や、化石燃料価格の安定化に貢献する。
ボイラ&蒸気タービン

ボイラ&蒸気タービン

「コージェネの種類」に戻る