トップページ > 財団のご案内 > 理事長あいさつ・沿革

理事長あいさつ

一般財団法人コージェネレーション・エネルギー高度利用センター(通称財団名:コージェネ財団)は、2021年度発足10周年を迎えることができました。
 前身の「日本コージェネレーション研究会」発足から今年度で37年目となります。
 これもひとえに会員並びに行政・学識経験者など関係者の皆様のご支援・ご協力の賜と厚く御礼申し上げます。

発足以来、日本におけるエネルギーを取り巻く環境は大きく変化してきましたが、コージェネレーションは、省エネルギー性や省CO2性、レジリエンス性、さらに昨今では変動する再生可能エネルギーの調整力等に優れたシステムとして認められ、広くユーザー様のご支持を得て、累計導入実績1,300万kWを超えるまで普及が進んでいます。

近影:理事長 柏木孝夫

2020年政府による「2050年カーボンニュートラル」宣言を踏まえて、2021年10月に閣議決定された「第6次エネルギー基本計画」の中でコージェネレーション(家庭用燃料電池を含む)は、2050年カーボンニュートラルの実現に向け一層推進すべき分散型エネルギーシステムとして位置づけられており、そのトランジション(移行期)においては大幅な省エネに貢献する即効性のある脱炭素テクノロジーとして、将来的には脱炭素燃料利用が可能なエネルギーシステムとして期待されています。

本財団は今後も一層エネファームを始めとした家庭用から業務用(民生用)産業用分野の大型のコージェネレーションを中心にエネルギーの高度利用、普及促進に取り組んでまいります。

今後とも皆様の一層のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2022年4月

一般財団法人 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター
理事長 柏木 孝夫

沿 革

1984年 5月 日本熱電併給技術懇談会(第1回)開催
1985年 2月 「日本コージェネレーション研究会」設立発起人会開催
1985年 4月 「日本コージェネレーション研究会」設立
事務所開設(東京都中央区銀座7-13-8 第2丸高ビル3階)
1987年 10月 事務所移転(東京都港区西新橋2-18-2 NKKビル6階)
1997年 10月 「日本コージェネレーションセンター」に改称
2007年 10月 事務所移転(東京都千代田区九段北4-3-14 九段堀江ビル3階)
2009年 4月 財団法人 天然ガス導入促進センターと合併
2011年 3月 事務所移転(東京都港区虎ノ門1-16-4 アーバン虎ノ門ビル4階)
  9月 「一般財団法人 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター」に改称
2014年 4月 通称財団名「コージェネ財団」を採用